今日は何を食べましたか?

シミ対策に有効な栄養素と食べ物

紫外線をたくさん浴びると出来てしまうのがシミです。一度出来てしまったシミには美白化粧水や美容液などの外側からのケアだけではなく、シミを改善するために効果的な栄養素を内側から摂ることも大切です。今回ご紹介する栄養素と食品を参考にして、普段の食べ物を気にかけてみてください。ビタミンCはメラニン色素を抑制し、沈着を予防する働きがあります。ミカンやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。ビタミンEは強い抗酸化力を持ち、シミの原因となる紫外線から肌を守ってくれる役割を担ってくれます。アーモンドやピーナッツなどのナッツ類にビタミンEが多いです。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、蓄積されたメラニンを排出する機能を持っています。人参やほうれん草、カボチャなどの緑黄色野菜に含まれています。

シミを作ってしまう食べ物3選

逆にシミの原因になってしまう食品もあるので注意が必要です。代表的なのがしょ糖です。しょ糖は活性酸素を多く含み、肌の老化を促進させます。その結果、シミが出来やすい状態になってしまいます。しょ糖は白砂糖やグラニュー糖に多く含まれるので、これらを蜂蜜に変えるのがおすすめです。緑茶やコーヒー、紅茶に多く含まれているカフェインもシミの原因になります。カフェインは体内にあるメラニンを拡散させ、沈着させる作用を持っています。メラニンが外に排出されずに肌に留まってしまうので、シミが出来てしまいます。コーヒーは1日2杯程度、緑茶は4~5杯程度に抑えましょう。マーガリンやスナック菓子に含まれるトランス脂肪酸は、血管の流れを悪くして肌を硬くしています。その結果、シミの原因になるので摂取量を抑えましょう。

© Copyright Cause Of Spots. All Rights Reserved.