私のお手入れ方法が間違い?!

若いころから紫外線を浴びてる人ほど要注意

人間の肌は紫外線を浴びると大量のメラニンが生成されて、そのメラニンが排出できない状態になると、メラニンがシミに変化する事で肌の見た目が悪くなってしまいます。肌を白くする効果が期待できるクリームを塗布していても、肌のターンオーバーが乱れた状態を放置していると、すぐに肌のシミが再発してしまうので注意が必要です。肌のシミに対処するためには、肌細胞の活性化を目指す必要があると考えて、今までとは違ったシミ対策を始めてください。

生成されるメラニンの量を減らすためにも、日焼け対策のクリームを塗布するだけでなく、日傘などを使って紫外線を避ける事も重要です。夏だけでなく冬にも紫外線を浴びないように注意しなければ、冬に肌のシミが増えてしまう可能性もあります。

肌に余計な刺激を加えない方がいい

自分では正しいスキンケアをやっているつもりでも、肌に余計な刺激を与えているせいで、シミが増えてしまう事も珍しくありません。洗顔中にしつこく顔をこすってしまったり、洗顔後にタオルで顔を何回も拭いているだけでも、肌に刺激を与えてシミが増える事もあります。シミを増やしたくないのであれば、肌を優しく手入れする事が重要だと考えて、スキンケアのやり方を変えてください。刺激を受ける事で肌にシミが増えてしまうのは、肌の深部にあるメラノサイトが関係しています。 肌をこするとメラノサイトから肌を守れという命令が出てきて、新しいメラニンが作られる事でシミが増える事になりかねません。ターンオーバーを正常に保つためにも、余計な刺激を肌に与えずに肌のメラニンを追い出してください。

© Copyright Cause Of Spots. All Rights Reserved.